運動会で使うカメラをレンタル!スマホは運動会では活躍できない

普段カメラを使わないし、カメラをといったらスマホで十分!そう考えている人も多いかと思います。
確かに、カメラの写りが良くなった現在では、わざわざカメラを買うほどでは無い気がしますよね?実際に子供の運動会もスマホカメラで乗り切ろうとしていませんか?
そんななか、お父さんだけでも一眼レフカメラやビデオカメラを使ってみると子供も喜んでくれると思います。
子供の運動会は一生に一度しかありません。思い出の写真を残すと大人になった時に子供は喜んでくれると思います。
では少し技術的な話をしていこうと思います。スマホカメラは運動会の撮影には向いていない理由を紹介していきます。
スマホカメラでズームすると画面が荒れる
スマホカメラをズームしてみてください。画面が汚くなってあまり綺麗な写真が撮れないと思います。このズームしている状態で動いてる物体を撮影してみてください。すごくブレていると思います。
実はこの状態が運動会での撮影環境になります。
校庭は思った以上に広いです。50m走の距離がとれる校庭ですので、スタート地点に子供、ゴール地点から撮影しようと思った場合、確実に50m以上はあるわけです。スマホでズームしても綺麗な写真が撮れないのは当たり前のように感じますよね?
そこで一眼レフなどの利用をするわけです。
一眼レフならばズームして子供の表情まで綺麗に撮れます
一眼レフはズームの仕組みそのものが違いますので、いくらズームしても画質が低下することがありません。このズームできる大きさはレンズによって異なりますので、レンズ選びも重要になってきます。
50m先の子供の全身を写真に収めるためには、300mm~500mmの望遠レンズを使えば可能になります。一般的なレンズ(エントリーモデルの機種に付いてくるレンズ)は55mまでのものがほとんどですので、レンズは別にレンタルする必要があるでしょう。
ちょっとよくわからなくなってきましたか?汗
レンズは大きく分けて3種類あります。
・広角レンズ
・標準レンズ
・望遠レンズ
運動会で活躍するのは望遠レンズという事だけでも覚えておきましょう。
カメラはボディよりもレンズの方が重要だと言われています。ボディはそこそこのものを選びレンズは高価なものを選ぶと成功しやすいです。
一眼レフってちょっと難しいと思っている人も多いと思いますが、実は一眼レフもほとんどがオートで撮影することが出来ちゃいます。
マニュアルモードで撮影した方が見た目はかっこいいと思いますが、変に設定を変えて撮影するよりもオート撮影をした方が見た目は綺麗になることが多いです(笑)
子供目線で言えば綺麗な写真さえ撮れれば「お父さんすごい!」となるので、マニュアルモードにこだわらなくても問題ありませんよ。
APEXレンタル館でカメラをレンタル!口コミではわからない真実とは?